アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
優等のために:エリスのブログ
ブログ紹介
これはアメリカ人の女子学生の日本語をれんしゅうするブログです。ここで日本語の授業の宿題や私の思いをポストします。おもしろくないですね。
NOTE
みなさん、Ads by Googleをけしたいですか。Firefoxを使いますか。じゃあ、MozillaのサイトでAdblock Plus Add-onをインストールしたほうがいいですよ。そうしたら、Ads by Googleをぜんぜん見ません。とてもべんりですよ!
zoom RSS

「悪魔」の翻訳

2008/05/02 12:21
私は「悪魔」というショートストーリーを読む時、英語に訳しました。本当に努力して、私の日本語を訳す初級でよく訳したと思うので、ここでポストすることにしました。

     The lake was in the northern country. Though it wasn't particularly wide, it was very deep. But it was winter then, and the lake was covered in thick ice.
     Mr. S had come to the lake for a vacation. He made a small, round hole in the ice, into which he lowered his line to catch fish. Yet none of the fish seemed to be biting.
     "God, this is boring. I don't even care what it is anymore, just let me catch something."
     He muttered this, and when he steadily cast the line, there was some kind of reaction.
     "But wait, it's not like there are any fish. What's going on?"
     When he tried to pull the line out, he found an old jar had been caught on the hook.
     "This thing isn't of any use. Throwing it away would be a pain in the ass, and if I tried to sell it to a secondhand store, they wouldn't buy it for much. I wonder if there's anything inside it..."
     When he took off the lid, dark smoke rose from the jar. He closed his eyes in confusion, but little by little he opened them to find that near the jar stood a person he had never seen before. He was a small, dark man with pointed ears and a tail.
     "What the hell are you?"
     When Mr. S voiced his bemusement, the man answered with an amused grin.
     "I am the Devil."
     "I see. You do look like the Devil you see in picture books, but I can't believe what I'm seeing..."
     "It is fine for you not to believe. Nevertheless, I am here."
     Mr. S rubbed his eyes several times, and once he had calmed down, he hesitantly asked the Devil a question.
     "Why are you here?"
     "I entered that jar and fell asleep at the bottom of the lake. When you pulled it out, you woke me. Those are my circumstances. Now, it has been a while. What shall I do for you?"
     "What can you do?"
     "Anything. Would you like a demonstration?"
     Mr. S thought for a while and made his suggestion.
     "How about this: could you give me money?"
     "Is that all? That is nothing. Behold!"
     The Devil stuck his hand into the ice hole and presented Mr. S with a single gold coin.
     He did it all too easily. It had been simple. Tilting his head to the side, Mr. S took the coin, inspected it, and saw that it was real.
     "Thank you very much. You have magnificent power. Would you, perhaps, give me more?"
     "Very well."
     This time the Devil gave him a handful.
     "While you're at it, just a little more..."
     "Greedy, are we?"
     "You say that, but I can't pass up an opportunity like this. Please!"
     Mr. S demanded more and more money, and each time the Devil obliged him. Eventually the coins began to pile up, and the light glinting off them was dazzling.
     "Well, shall I stop here?" the Devil asked, but Mr. S eagerly pled for more. He thought he would never again meet with such fortune.
     "No, please, just a little more! Just once more will be enough. Please! Just this last time!"
     The Devil nodded, pulled out another handful, and placed it nearby.
     Just then, an ominous sound began to roar from underneath the lake. The weight of the coins had begun to crack the ice. Realizing this, Mr. S hurriedly started running toward the shore.
     He struggled on at length, and once he reached the lakeshore, he looked back with relief. The ice broke with a thunderous crash, and the coins and the old jar and the Devil's earsplitting laughter all disappeared together to the bottom of the lake.
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


今学期で一番心に残ったアクティビティ

2008/05/02 11:51
私の一番心に残ったアクティビティは多分一番盛んな答えですけど、やっぱり「リンダリンダ」のアクティビティです。「リンダリンダ」はクールな歌で、甲本ヒロトさんはパワフルな声でメッセージを伝えるので、私は歌に感動しました。そして、甲本さんは一再ならず「リンダリンダ、リンダリンダリンダアアアア」を泣き喚くから、私はそれを歌うのがとっても楽しいと思います。授業で歌う時、本当に楽しみました。明日の東アジアの文学部のパーティーで「リンダリンダ」を歌わないことにがっかりならされるんです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1


私が書いた詩

2008/05/02 06:26
スミスにある好きな物                       The Things I Like at Smith

グリーンホールの後ろの青い花             The blue flowers behind Greene Hall
スミスで春の初めの花                          Smith's first spring flowers

風が吹く時に                                     The Tibetan flags
チベットのはた                                    When the wind blows

晴れの日に                                       The sunlight shining through
ニールソンローンで木の木漏れ日          The leaves of the trees
                                                        On Neilson Lawn on clear days
ニールソンの外にいる時に
ふしぎな花の匂い                               The mysterious floral fragrance
                                                        When I'm outside Neilson
美術館のフォヤーの
あたたかさ                                         The warmth
                                                        Of the art museum's foyer
キャンパスセンターカフェの
クランベリーマヨネーズラップ                 The Campus Center Café's
                                                        Cranberry mayo wraps
シリーホールの
丸い電気                                           Seelye Hall's
                                                        Circular lights
デューイホールの
安らがせる哲学談話室                        Dewey Hall's
                                                        Comfortable philosophy lounge
悲しくて美しい
ランニングファウンテン                         The sad and beautiful
                                                        Lanning Fountain
グリルドチーズと
トマトスープの日                                 Grilled cheese and
                                                        Tomato soup days
ファーストネームで
呼ばせて下さる先生                            Professors who let you call them
                                                        By their first names
クリスト学長の
お茶を飲みながら食べる甘い物             President Christ's sweets
                                                        That you eat while drinking tea
昼ご飯を食べながら
友達と色々なことを話すの                    Talking with my friends
                                                        While eating lunch
でも
スミスにある物の中で                          But
寝たい時にベッドが見えるのが              Out of all the things at Smith
一番好き                                           What I like most
                                                        Is seeing my bed when I want to sleep
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


[本の感想]最後の葉

2008/04/24 07:36
私にとって、一番一章残った場面は20、21ページの場面です。最後の葉がなくならなかったのに、私はジョンジーがなくなることを思い設けたので、「ベアマンさんが、今朝、病院で死んだの」を読む時、びっくりしました。悲しいエンディングでした。でも、そんなエンディングは友情の力のテスタメントなのじゃないかと思います。ベアマンさんはジョンジーのために最高なサクリファイスをすること…それに感動しました。皆さんも感動するじゃないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[本の感想]像のトンキー

2008/04/24 07:27
一番印象に残った場面は20、21ページのです。「トンキーは食べ物がほしいです。だから芸をします。」私はその文に感動して、泣き出しました。戦争の前に、芸はうれしいことでしたが、今トンキーの苦肉のさくなんです。トンキーは食べ物をもらうために芸をしなくちゃいけないと思ったことは、私にとって、とても悲しいです。でも、トンキーの話のメッセージはパワフルです。戦争は人間だけ痛めなくて、動物や他の物も痛めるということです。

トンキーの肋骨が見えました。 :(
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


「リンダリンダリンダ」の感想

2008/04/21 11:32
クラスメート達と先週水曜日から金曜日まで授業で「リンダリンダリンダ」という映画を見ました。見る前に、THE BLUE HEARTSの歌の「リンダリンダ」を聞いたり英語に訳したりしました。そのじゅんびで映画に歌の関連を分かることは目的だったと思いますけど、「リンダリンダ」のチューンは覚えやすいから、私の頭に歌を注ぎ込む目的だったかもしれないと時々思います。でも、歌と映画も好きだったので、あまり介しません。

私の好きな映画の場面はソンがカラオケで歌う場面です。その場面は面白いですけど、ソンはバンドと歌いたくなくてたぶんちょっとこわかったのに、それにしてもがんばることにしたんです。だから、私はちょっと切実な場面なのじゃないかと思います。それに感動しました。

私は文化祭に与れば、何をするか分かりません。歌うのが好きだから、自分で歌うかもしれません。高校の時、美術部に入っていて、祭りで子供の顔に絵を描きました。日本の祭りでもフェイスペインティングがあるかどうか分かりませんけど、そのようなことをするかもしれません。歩いて色々な食べ物を食べてさえいればいいんですが…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1


日本でアルバイト!

2008/04/14 13:05
書く:日本のアルバイトの広告を見て、あなたがしてみたいアルバイトを探して、A)どのような仕事か、B)どうしてそのアルバイトをしてみたいのか理由も書いてください。

A)どんな仕事ですか。

子供に英語を教える仕事です。仕事内容は「9ヶ月〜15歳(幼児〜中学生)対象の英会話教師」を探していると言っています。幼児と小学生に教える時間は午後二時から六時半までで、中学生は六時半から九時までです。勤務地は色々なようです。時給は1200円からです。一つの資格は基礎英会話さえできればいいそうです。

B)どうしてそのアルバイトをしてみたいんですか。

自分の子供を生みたくないのに、子供が好きです。子供に英会話を教えるのは楽しいし、私はちょっとくらい上手に教えられると思います。もう英語がぺらぺらだし、それに英語を話して書くのが上手だし、よく説明できると思います。でも、日本語を話して書くのが下手だから、子供からも何か習うでしょう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


続きを見る

トップへ

月別リンク

優等のために:エリスのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる